DSC_8757



映画「ブラック・ウィドウ」のヴィランがブラック・ウィドウと同時発売で登場。

MCUでヴィランがこんなに早く登場するのはサノス意外だと初めてじゃないですかね。(他に居たらすみません...。)

では、レビューへ参ります。

DSC_8720
箱表
オプションパーツがかなり多いので本体のサイズに比べ大きめのパッケージ。

DSC_8721
箱裏

DSC_8722
フロント

DSC_8723
サイド

DSC_8724
バック

DSC_8725
オレンジと青が使われているデザイン。
フードは軟質で、首の可動に合わせて回るので可動の妨げにはあまりなりません。

DSC_8726
可動域
太もものポーチと銃のホルスターが干渉しますが、概ね良好。
二の腕のロール可動もあるので上半身も特に問題ないです。

DSC_8727
前後可動が優秀です。
胸あたりの可動域は優秀ですが、腰の可動がかなり死んでいるので横にひねる動きなどは弱め。

DSC_8728
付属品その1

DSC_8729
付属品その2

DSC_8730
フードはパーツ付け替えにより被っていないパターンも再現。
頭部の付け替えがかなり硬めで破損しないか少しヒヤッとしました。

DSC_8732
フード後ろから。

DSC_8731
そしてモノアイはオプションを取り付けることで、赤い発光を再現。

DSC_8734
シールド
艶のないマットな質感です。

DSC_8735
このようにバンドとハンドパーツでしっかり保持。

DSC_8736
黄色の発色が目立ちます。想像より短く感じました。

DSC_8741
すごく細かく作り込まれています。

DSC_8742
銃無しホルスターに付け替え可能。

DSC_8747
ブラックパンサーのような爪のハンドパーツ。

DSC_8752
弓矢
弓と矢と左ハンドパーツが一体化しております。
ホークアイとは違い、矢をつがえて弓を引いた状態のみ付属してます。

以下適当
DSC_8733
DSC_8737
DSC_8739
DSC_8738
DSC_8740
DSC_8743
DSC_8744
DSC_8746
DSC_8745
DSC_8748
DSC_8749
DSC_8750
DSC_8751
DSC_8754
DSC_8756
DSC_8755
DSC_8757
DSC_8759
DSC_8762
DSC_8758
25
DSC_8764
以上、終わりです。
映画が公開していないので
もはや、タスクマスターがどのようなキャラクターなのかすら分かりませんが
これだけオプションパーツがあると楽しいもんですね(笑)

マーベルアーツの中では付属品が多く、とてもプレイバリューの高い一体でした。
また、ヒーロー側だけでなくヴィラン側もラインナップして頂けると遊びの幅が広がって嬉しい限りです。



関連記事